閉じるX

セキュアアクセス

クラウドとローカルネットワークへの信頼できるエンドポイントアクセス

MetaAccess プラットフォーム

テレワークや在宅勤務の増加に伴い、どの端末が組織ネットワークにアクセスし、それらの端末にリスクがないことを、可視化し制御することは、より複雑化しています。複雑さを増す要因は、可視化と制御するために、多くの個別製品が必要となるからです。MetaAccessは、単一のプラットフォームで、組織にセキュアなネットワークアクセスと幅広いエンドポイントコンプライアンスを提供します。この単一プラットフォームのアプローチにより、現在の管理を大幅に簡素化し、時間、労力、そして最も重要な点である”リスクの削減”を実現することができます。

可視性とコンプライアンス

ITシステム環境へのアクセスは、自宅などのリモートや関連会社、さらに、IoT(モノのインターネット)デバイスを介されることもあります。社内ネットワークとアプリケーションへの安全なアクセスを、確保するにはどうすればよいでしょうか? 組織の全端末が、社内アプリケーションやネットワークにアクセスする前に、端末が接続する場所や、アクセスするデータが保存されている場所に関係なく、組織が設定したセキュリティポリシーに、端末が準拠していることを、どのように確認できますか?

セキュアアクセス

リモートワークに求められる強固なセキュリティ

APT攻撃(Advanced Persistent Threats: 高度で持続的な脅威)やDDoS(分散型サービス妨害)攻撃などのサイバーセキュリティの脅威に対して、在宅勤務等のリモートワーク環境は脆弱になります。このような環境では、従来のVPNよりも効果的なソリューションが求められています。SDP(Software Defined Perimeter)は、VPNソリューションに比べ、コストの増加やスループットを低下させることなく、セキュリティの強化と、ユーザーエクスペリエンスを向上させます。

クラウドアプリケーションへのアクセス

クラウドアプリケーションへのアクセスでは、さらにセキュリティリスクが発生する可能性があります。クラウドアプリケーションのセキュリティ対策として、MetaAccessプラットフォームでは、SAML統合(Okta、Ping Identity、他のIDプロバイダー(IdP))によりクラウドアプリケーションを保護します。

MetaAccessは、クラウドアプリケーションにアクセスするときに、各端末にユーザーID(IdPまたはアプリケーションユーザー名)を提供することで、複雑なBYOD所有権の問題に対処します。これにより、IT基盤の変更、ネットワークトラフィックの操作、またはモバイルデバイス管理(MDM)を必要とせずに、非管理端末の制御が劇的に向上します。

オンプレミス環境へのセキュアアクセス

オンプレミス環境へのセキュアアクセスと制御を確保するためには、ネットワーク上の全デバイスを把握し、不正なアクセスや非準拠のアクセスをブロックすることが必要です。MetaAccess NAC(ネットワークアクセスコントロール)は、可視性の提供と、非管理デバイスをブロックし、ポリシーに準拠していないデバイスを監査、警告、または隔離する機能を備えています。エージェントソリューションとエージェントレスソリューションで利用できるMetaAccessは、多くのサードパーティ製品との統合により、脅威防止の自動化、レポートの強化、より詳細なポリシー設定などが可能になります。

柔軟な単一プラットフォーム

ひとつの管理ビュー

MetaAccessのダッシュボードは、ひとつのインターフェースから必要な可視性と管理ツールを提供します。ネットワークにアクセスしたデバイスの合計数を、SDPまたは従来のSAML/IdP統合の、いずれのアクセス方法でも確認することができます。準拠しているデバイス数や、特定のデバイスをドリルダウンして問題を把握することができます。緊急アクセスが必要な場面では、デバイスを選択しアクセスを許可することができます。

実用的なエンドユーザーエクスペリエンス

ユーザー自身による是正処理は非常に容易であると同時に、非準拠時の問題の重要性について、ユーザーに教育することができます。何が問題なのか、なぜそれが重要なのか、そして解決する手順が、カスタマイズ可能なページに表示されます。SDPでは、リモートまたはオンプレミスにかかわらず、エンドユーザーは普段のSSO経由でアプリケーションにログインすることができ、容易で快適な環境になります

柔軟なITと容易な管理

MetaAccessの個別のしきい値オプションにより、アクセスをブロックするか、通知するかを柔軟に設定できます。高度なエンドポイントコンプライアンス機能により、組織のポリシーに最適な構成をセットアップできます。

MetaAccessは簡単な登録で利用でき、数時間または数日で導入することができます。様々なドキュメントとトレーニングにより、サードパーティのサービスは必要ありません。 OPSWATの目標は、ITとエンドユーザーを統合し、エクスペリエンス全体を簡素化することです。

MetaAccess製品ガイド

MetaAccess プラットフォーム(必須)
エンドポイントコンプライアンス: サードパーティ アンチマルウェア, OS, 暗号化, 他の検査
脆弱性、パッチ管理、カスタムエンドポイント検査
検知と是正、潜在的に不要なアプリケーションの削除、リムーバブルメディア
モジュール:高度なエンドポイントの保護
高度なマルウェア検知 - 20種類以上のアンチマルウェアエンジン(クラウド)
アンチキーロガーとスクリーンキャプチャ防止
モジュール:セキュアアクセス
SAML統合によるクラウドアプリケーションの保護(例:IDプロバイダのサポート)
SDP(Software Defined Perimeter)- VPNのリプレイス
追加のプライベートオンプレミスSDPゲートウェイ VPNリプレイスゲートウェイ
モジュール:セキュアアクセス クラウドゲートウェイ
OPSWATホスト クラウドVPN/SDP ゲートウェイ(SaaS)

お気軽にお問い合わせください