MetaDefender Kiosk

Trust at the point of Entry

挿入・処理・アクセス

ポータブルメディアが重要インフラのセキュリティ環境に持ち込まれるときには、常にリスクにさらされる可能性があります。ソフトウェアの更新、記録・レポート、監査等には外部のデータソースが必要です。MetaDefender Kiosk は、デジタルセキュリティガードとしてすべてのメディアのマルウェア、脆弱性、機密データを検査します。

MetaDefender Kiosk は、CD/DVD , 3.5 インチディスク、フラッシュメモリカード、モバイルデバイス、USB など、複数のフォームファクターが利用可能です。(暗号化にも対応)メディアを挿入すると、MetaDefender Kiosk は直ちにマルウェア、脆弱性、機密データをスキャンします。疑わしいファイルは無害化し、機密ファイルは秘匿化することができます。

Linux オペレーティングシステムをご希望のお客様にはL-Series を、Windows 環境をご希望のお客様には K-Series をお選びいただけます。

製品の特徴

データ転送の合理化

ファイルが安全な環境に持ち込まれる場合でも、成果物として持ち出される場合でも、MetaDefender Kiosk はグローバルに展開できる安全なプロセスを確立します。

業界をリードするマルチスキャン

ポータブルメディアは、エアギャップ環境、ネットワーク環境を感染させる、一般的なサイバー脅威ベクトルです。 最大30 種類以上のマルウェア対策エンジンで同時に検査することで、脅威検知率は 99% を超えます。(当社調査結果)

ファイルの無害化と再構築

Deep CDR(コンテンツの非武装化と再構築)は、ワードやPDF ファイルなどの一般的なファイルタイプから、悪意を埋め込むことができるコンテンツや不要なデータを削除し、安全なコンテンツでユーザビリティを維持したファイルを再構築します。

データ損失防止

MetaDefender Kiosk は、ベンダーログ、分析などのデータファイルの持出しを制御するための、ポリシーワークフローを提供します。ファイルは、データプライバシー、機密情報について検査し、秘匿化できます。

法規制への対応

NIST、HIPAA、PCI DSS、GDPR、NERC CIP、NEI 18-08、ISA/IEC、ISO/IEC などの標準や国内外の規制遵守要件への対応を支援します。

Ui B

MetaDefender Kiosk の特徴

20 種類以上のメディアタイプ

2x USB タイプ A、15-in-1 カードリーダー、CD / DVD ドライブ、および 3.5 インチディスク

複数のファイルシステムと仮想ディスクのサポート

FAT、NTFS、Ext、HFS +、APFS; VHD、VMDK

Media Validation Agent

メディアが挿入されるたびにデジタル署名を検証し、検査されていないメディアが組織環境にアクセスするのをブロックします。

確実な消去

承認されたコンテンツをロードする前に、ポータブルメディアを完全にクリーンにします。

ファイルストレージとデータダイオード

MetaDefender Vault と、クラス最高のデータダイオード製品とのシームレスな統合により、データの安全な転送と保管を実現します。