OPSWAT Sandbox​

セキュリティアナリスト向け
よりスマートで高速な
サンドボックス

IT、OT 環境のマルウェアを高速・正確に動的解析

検出されることのない設計

  • マルウェアの真の悪意、意図、機能を明らかにするよう誘導
  • 攻撃者の C2 サーバー通信をシミュレートする仮想環境により、最適な検知を実現
  • IT、OT 環境向けに組み込まれた事前設定プロファイルには、ライセンスされた OS が含まれています

AI が導き出す結果

  • カーネルレベルのモニタリングから生成された大量のデータを解読し、複数の操作モードを提供
  • 複数ベクトルの観測を AI によりチャネル化し 調査・研究 のための判定とIOCを素早く導出
  • マルウェアの挙動をかつてないレベルで可視化し、セキュリティチームに解釈しやすい分析結果を提供

動的解析をよりスマートかつ高速に

検出されないエージェント

カーネルモードエージェントは、攻撃者による検出と回避に対抗する 高度なディセプション技術をサポート

超高速分析

従来のサンドボックスよりも3倍速く 約1分で統計的に正確な判定を迅速に導き出します

AIが導き出す結果

膨大な行動データを活用し 正確な結論を迅速に提供

IT・OTプロファイル

ICSネットワークに関連する環境等、重要インフラのサポート

オンプレミス、プライベートクラウド

オンプレミスは、安全性の高い環境での運用に対応し、プライベートクラウド基盤への拡張も可能

問い合わせ

サイバーセキュリティ担当者の負担を軽減

解析時間の短縮

平均検出時間(MTTD)の短縮により、スループットが向上し、インシデントレスポンスが加速

効果とスケールの向上

AIによる判定で回避型マルウェアを約1分で解析.1日あたり10万ファイル以上の拡張性

脅威の可視化の拡大

マルウェアの挙動をこれまでにないレベルで可視化し、わかりやすい解析結果を提供


総コストの削減

単一ソリューションによる高速かつ正確なデータにより、セキュリティ運用全体を簡素化

重要インフラの完全な可視性

単一プラットフォームで IT と OT 環境にわたるリスクを評価


OPSWAT Sandbox - 動的解析のゲームを変える

OPSWAT Sandbox と 従来の Sandbox ツールの比較

特徴OPSWAT SandboxOPSWAT CIP Sandbox*Malware Analyzer従来の動的解析ツール

Windows プロファイル

Linux プロファイル

macOS プロファイル

ICS プロファイル

相互運用性 と 自動化

性能

精度

スケーラビリティ


*OPSWAT CIP Sandbox は、OT 環境をサポートする機能を OPSWAT Sandbox に 追加します

使用例

マルウェア
解析

IT、OT環境に影響を及ぼすマルウェアを迅速かつ正確に分析し、インシデント対応担当者に実用的なインテリジェンスを提供

使用例

脅威インテリジェンス

有害事象と関連するサイバーリスクを軽減するために脅威と脅威アクターに関する信頼できる情報源を活用

使用例

マネージド
SOC サービス

マネージドセキュリティサービスを適用し、サイバー技術者の人材不足を補い、ツールの利用や、リソースの継続的な管理に関連するコストを削減

その他のリソース

データシート

OPSWAT
Sandbox

OPSWAT Sandbox の特徴、機能、利点の概要

ダウンロード

よりスマートで高速な動的解析を始める​

環境OS プロファイル
IT ( Information Technology )
  • Windows 7-32bit and Windows 10-64bit
システム最小要件
OPSWAT Sandbox または OPSWAT CIP Sandbox
(最大 6 つの同時 Sandbox VM をサポート)
  • ハードウェア
    • CPU: 8-core
    • RAM: 64 GB
    • 500 GB
  • OS: XenServer
性能10 万ファイル/日
(1システムあたり最大 6 台のサンドボックス VM を同時サポート. 各システムは 7000 ファイル/日をサポート)

新しいサンドボックスとして
OPSWAT Sandbox をご検討ください


お問い合わせ