Deep CDR: 画像ファイルサポート

OPSWAT Deep CDR(コンテンツの非武装化と再構築)は、APT (Advanced Persistent Threats: 高度で持続的な脅威)、ランサムウェア、ゼロデイ攻撃などに使用されるファイルベースの攻撃を無効化する高度な脅威防止テクノロジーです。100種類を超える一般的なファイルタイプを無害化し、ユーザビリティを維持したまま安全なコンテンツを再構築します。無害化する対象ファイルには、PDF、Microsoft Office、HTML、多くの画像ファイルが含まれます。 JTDやHWPファイルなどの地域固有のファイル形式にも対応しています。

Deep CDRが無効化した悪意のある画像ファイル例

ファイル形式Deep CDR機能検知された脅威参照サンプル
JPGRemove ICC profileCVE-2007-2788
JPGRemove ICC profileCVE-2018-8475
JPGRemove metadataCVE-2019-8942
JPGRemove metadataTrojan.PHP.Agent.GA 表示
JPGFile reconstructionSteganography in image 表示
BMPFile reconstructionAdware, Trojan.JS.Agent.FDL 表示
BMPFile reconstructionSteganography in image 表示
PNGRemove metadataCVE-2019-8942
PNGFile reconstructionTrojan.JS.Redirector 表示
PNGFile reconstructionSteganography in image 表示
GIFFile reconstructionSteganography in image 表示
GIFRemove metadataCVE-2019-8942
TIFFFile reconstructionSteganography in image 表示
TIFFRemove metadataCVE-2019-8942
SVGRemove macroHtml.Exploit.SVG-1 表示
SVGRemove CDATA, remove injection, process embedded image, process imageExecute Code, XSS attack 表示
EMFSanitize recordCVE-2016-0169 表示
WDPFile reconstructionSteganography in image 表示
WDPRemove metadataCVE-2019-8942
DICOMFile reconstructionCVE-2019-11687 表示
WEBPRemove metadataCVE-2019-8942
WEBPFile reconstructionSteganography in image 表示
JPXRemove metadataCVE-2019-8942
JPXFile reconstructionSteganography in image 表示